姿勢・表情筋・シンメトリー・リフトアップ・アロマエステ HEALTH AND BEAUTY

 

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

◆オリブビューティ アロマ 使用期限 早見表


福岡市中央区薬院2丁目で、オーガニック基材を使用し、身体のバランス・筋肉・筋膜のボディビューティケア、アロマエステをしております、オリブビューティです。

<アロマクラフト&ハンドメイドコスメ>

◆精油(エッセンシャルオイル)

・未開封 取り扱い説明書をご確認ください

・開封後 1年以内(柑橘系半年以内)

◆トリートメントオイル

・未開封 取り扱い説明書をご確認ください

・開封後 取り扱い説明書をご確認ください

・希釈後 最大2ヶ月以内

◆ローション

・3週間以内

◆フェイスパック(クレイ)

・1ヶ月以内(冷蔵庫)

◆クリーム(蜜ろう)

・2ヶ月以内

※リユース(Reuse)
使い切りでのご使用をおすすめいたします。

<蜜蝋スクラブトリートメントの作り方>

1.古くなった蜜蝋クリームを準備する

2.再び、蜜蝋クリーム湯煎する

3.湯煎した蜜蝋クリームに天然塩をお好みの量加える

4.天然塩を加えた蜜蝋クリームを適度に冷ます

5.冷めた天然塩を加えた蜜蝋クリームに、
  お好みの精油(エッセンシャルオイル)を数滴加える

6.まんべんなくかき混る

7.蜜蝋スクラブトリートメント剤の出来上がり

8.バスタイム時にお好きな部位にご使用してください。
  トリートメント後はきれいに洗い流してください。
  ヘッドトリートメントにも相性がよいです。
 (敏感な部部位へのご使用はお避けください)

◆ボディシャンプー

・最大1〜2ヶ月以内

◆バスソルト

・1年以内
※バスソルトの使用期限は作った日から約1年。
密閉容器で保存し、なるべく早めに使い切りましょう。

◆マウスウォッシュ

・アルコールあり 1ヶ月以内

・アルコールなし 2週間以内

◆ハンガリーウォーター

・2年(長期保存可能)

◆アロマフレグランス(香水)

・3〜4ヶ月、半年(長期保存可能)

◆ルームフレッシュナー

・2〜3ヶ月

◆オイルの保存

・保存方法:遮光瓶

・保存場所:冷暗所


冷蔵庫に入れると、オイルが持つ植物エネルギーが少し落ちるといわれています。


オイルは変質すると不快な香りがしてきますので、

そのような香りがしたときには、すぐに処分してください。


上記はあくまでも使用期限の目安です。

販売メーカ、保存状態、基材、季節等によって異なります。


期限にかかわらず、お早目(新鮮なうち)のご使用をおすすめいたします。

作り置きではなく使い切りでのご使用をおすすめいたします。


精油(エッセンシャルオイル)には禁忌があります。

みなさまのアロマライフにお役にたてればと願っております。

◆オリブビューティ アロマ 容量別濃度(%)・滴数 早見表

福岡市中央区薬院2丁目で、オーガニック基材を使用し、身体のバランス・筋肉・筋膜のボディビューティケア、アロマエステをしております、オリブビューティです。
 
◆精油(エッセンシャルオイル)使用量

・大人1日の最大使用量:6滴 (1滴:0.05)


◆ハンドメイドクラフト&ハンドメイドコスメの濃度(%)・滴数の目安

・トリートメントオイル(ボディ) 2〜3% 50ml:20〜30滴

・トリートメントオイル(フェイシャル、ヘッド) 1% 50ml:10滴

・ローション 1〜2% 50ml:10〜20滴

・クリーム(ミツロウ) 2〜3% 50ml:20〜30滴

・フェイスパック(クレイ) 0.2% 50ml:2滴

・液体シャンプー 2〜3% 50ml:20〜30滴

・歯磨き粉(クレイ) 2〜3% 50ml:20〜30滴

・マウスウォッシュ 1% 20ml:4滴

・コロン 2〜5% 50ml:20〜50滴

・香水 10〜25% 50ml:100〜250滴

・ルームフレッシュナー 2〜5% 50ml:20〜50滴

※ハンガリーウォータをローションキャリアとして利用する場合は
精油(エッセンシャルオイル)1%濃度で希釈。


◆5ml

・1% : 1滴

・2% : 2滴

・3% : 3滴


◆10ml

・1% : 2滴

・2% : 4滴

・3% : 6滴


◆20ml

・1% : 4滴

・2% : 8滴

・3% : 12滴

◆30ml

・1% : 6滴

・2% : 12滴

・3% : 18滴

◆50ml

・1% : 10滴

・2% : 20滴

・3% : 30滴

◆100ml

・1% : 20滴

・2% : 40滴

・3% : 60滴


◆精油(エッセンシャルオイル)注意事項

・振らない

・飲まない

・原液塗布しない


メーカ、基材及び季節などによっては濃度(%)・滴数が異なりますので、ご参考程度にお願いいたします。


精油(エッセンシャルオイル)には禁忌があります。

みなさまのアロマライフにお役にたてればと願っております。

◆オリブビューティ 精油ブレンド自動計算システム Rev.01


福岡市中央区薬院2丁目で、オーガニック基材を使用し、身体のバランス・筋肉・筋膜のボディビューティケア、アロマエステをしております、オリブビューティです。

アロマを生活に取り入れたい、お考えの方向けに精油ブレンド自動計算システムを作成しました。

※ご希望の方には現マイクロソフトエクセル(Excel)ファイルをご準備できますので、ご遠慮なくお問合せくださいね。(講座ご参加のかたへ 無料です)

※JAA 日本アロマコーディネータ協会推奨の、ブレンドファクタ(B・F)値となりますので精油メーカによってはブレンド値が異なる(誤差)場合がありますので、ご了承お願いいたします。ご参考程度にご使用されてください。

※オリブ作のため不具合等が生じる場合がございますがご了承ください。
(ご提案があれば改訂版をご準備いたします。
難易度の高いものに関してはご対応できない場合があります)

※香りの強さに考慮して計算しています。


◆精油ブレンド自動計算システム Rev.01 作成:オリブ

Microsoft Excel 2000 (マイクロソフト エクセル2000)


精油(エッセンシャルオイル)には禁忌があります。

みなさまのアロマライフにお役にたてればと願っております。

◆オリブビューティ 消毒・殺菌・洗浄・ウィッチヘーゼル(ハマメリス抽出液)


福岡市中央区薬院2丁目の、オリブビューティです。

<消毒用エタノール>

消毒用エタノールは、無水エタノールよりも消毒用エタノールのほうが殺菌力が強く、

消毒用エタノールのほうが安価。幅広い用途とで殺菌、消毒が可能です。

<無水エタノール>

無水エタノールは、家庭用の、消毒はもちろんのことですが、

カビ取り、レンジ周りのお掃除など、幅広い用途とで使用できます。

ハンドメイドクラフト、ハンドメイドコスメも作る場合も無水エタノールを使用します。

アルコールなので、比較的安心して使用できます。

<塩化ベンザルコニウム>

手指消毒、器具消毒用、その他、家具、床などの消毒に用いるのが一般的。

皮膚粘膜にたいする刺激性がなく、臭気もなく使いやすい。

◆洗浄用

<無水エタノール>

精製水などで、80%に希釈 足底、手指消毒、その他の用途


◆殺菌用

<消毒用エタノール>

希釈せずにそのまま使用できます。用途:殺菌用、その他

※無水エタノール80%に希釈したものより、消毒効果が高いといわれています。

<塩化ベンザルコニウム液>

精製水と希釈して使用します。足底、手指消毒、器具消毒用、その他

濃度(%)、殺菌消毒時間は各商品の用法、用量をご確認ください。

※器具消毒済みの、使用済み液は毎回をお取替えをおすすめします。


◆肌洗浄及びオイルのおふき取り、化粧水(敏感肌、アトピー用)

世界の伝承医学で広く利用されているウィッチヘーゼル(ハマメリス抽出液)

昔から知られている薬樹液。

スイスや欧州の薬事にも掲載されている自然療法薬です。

<ウイッチヘーゼル>

ハマメリスの葉や樹皮を精製水に入れて、抽出したもので、おふき取り等幅広く使用できます。

・ヘーゼルスチーム療法
・ヘーゼル・オイルトリートメント
・胃腸、消化器系強壮用のお腹のトリートメント
・化粧水
・入浴用
・水虫など
・アトピー性皮膚炎などの皮膚にただれがある場合のオイル等のおふき取り

効果:皮膚、血管、腱、筋肉を活性化します


<ハンドメイドクラフト洗浄水>

純水(不純物を含まない水)で、殺菌作用のある、精油(エッセンシャルオイル)を希釈
足底、手指消毒、その他の用途

※敏感肌のかたにも、安全で安心して使用できます。


◆アロマエアーフレッシュナー(アロマハンドメイドクラフト・コスメ)

<無水エタノール>

精製水及び、精油(エッセンシャルオイル)で4%に希釈

お部屋の小物(カーテン、クッションなど)や、お部屋の芳香用として。

※エタノールで希釈したほうが、アルコール揮発を利用するため素早く香ります。


<ご使用上の注意>

・敏感肌やアトピーのかたには、アルコールは刺激があり、肌がヒリヒリして、しみてしまう場合があるので、エタノール系を皮膚に使用するのは控えたほうがよいです。

・無水エタノールを原液でそのまま、皮膚に触れると、皮膚を硬化させる、
おそれがありますので、使用の際は皮膚に触れないように注意が必要です。

・長期間の作り置きはなるべく避けたほうがよいです。
製品の使用状態によっては、使用方法、
(手指の汚れが付着など)によっては、雑菌が繁殖するおそれがあります。

・精油(エッセンシャルオイル)は禁忌がありますので、エアーフレッシューのように、お肌に直接触れない場合であっても使用の際には注意が必要です。